•  
  •  

カジノ入門 特徴、服装、両替

カジノ入門

世界では大人の社交場として認知されているカジノ、どうせなら余裕を持って楽しみたいものです。 現地で見て、参加して覚えるのももちろん必要ですが、基本的なルールを知っておくに越した事はありません。 ここではマカオでカジノオ楽しむための基本情報と、主なゲームの基本ルールを解説します。  

マカオのカジノ基本情報

 

予算

初めてカジノに行く方の多くが気になるところですが、直木賞作家の浅田次郎氏は「あるったけもってけ」といっています。 予算は個人の自由ですが、各ゲームにはテーブルごとに最低掛け金が設定されています。たとえば一番メジャーなバカラでは最低レートがHK$300くらいのテーブルからありますので、1・2回だけ試すなら5000円くらいで遊べるわけです。確率的に言えば2回に1回は勝てるゲームですから、(この確率的というのがミソですが)多少負け越しても、金額を上げても、雰囲気くらいはHK$2000もあれば味わえます。『安い台で少しずついろんなゲーム(ルーレットやスロット、大小)などを何時間か楽しみたい』ならHK$5000-20000位あればよいでしょう。上限はあなたしだいということです。

はじめにやること

カジノで真っ先にやることは、メンバーズカードを作ることです。

作らなくてもプレーできますが、記念になりますし、レストランの割引などもあり、損するものでもないので作成をオススメします。

多くのカジノやホテルが無料発行しており、使用金額に応じたポイントがたまります。

カジノ内の食事などをこのポイントで支払うことも出来ます。 スロットもポイントになりますので面倒がらずにどうぞ、 発行にはパスポートが必要です。  

通貨

チップ(ゲーム用のコイン)の求め方

香港ドルをテーブルで直接ディーラーに渡せば、すぐにチップに変えてくれますが、初めての方、予算を決めて遊びたい方、大きな金額を使う方は、カジノ内の両替所でチップと交換しましょう。 チップには程よい重さがあり、手にした瞬間にワクワクしてきます 多くのカジノでクレジットカードが利用できますが、使えるカードはまちまちです。(VISA/MASTERあたりはどこでも使えます。) 現金の場合、パカタ・香港ドル・元・円・はほとんどのカジノで両替できます。
日本円はカジノの両替所で香港ドルに外貨両替できます。
カジノによってレートは異なりますが、総じて街中の両替商より有利なレートになっていることが多いので、ホテル併設のカジノがある場合、間違ってもホテルフロントなどで両替しないようにしましょう。(ホテルフロントはレートが悪い)
残ったチップや、勝って増えたチップもこの両替所で換金できます。  

服装

マカオのカジノは大変カジュアルで庶民的、ドレスやタキシードなどでバッチリ決めてる人はあまり見かけません。ジーパンやTシャツの中国人も沢山います。 とはいえあまりラフすぎる格好、特に女性の薄着や過度な露出は、冷房で寒いし娼婦と間違われますのでやめたほうがいいでしょう。 VIPルームへ入りたい人はなおさらです。 ジャケットやシャツなど簡単な羽織るものがあればOKです。  

チップ(薄謝)

基本的には必要ありません。 ドリンクなど運んでもらっても、チップを渡す人はごく一部です。 また、かつてのマカオでは勝ったお客から勝手にチップを抜くディーラーなどが多くいましたが、最近のラスベガススタイルのカジノでは、そのようなディーラーはいないようです。 日本人には気が楽ですね。 ただ、チップはあくまで気持ちですから、渡していけないということはありません。  

主なゲーム

マカオのカジノには地域性があります。 いくつかのゲームはマカオでしかできませんので、旅の思い出に挑戦するのもいいでしょう。  

【マカオの主なゲーム】

 
バカラ(ミニバカラ)  ルーレット  大小  スロット  ブラックジャック
 
【マカオ以外ではあまり行われていないゲーム】
三公百家楽 碑狗(パイカオ) 大小 ファンタン