•  
  •  

香港国際空港とマカオをフェリーで入出国する方法 

まだまだ多い香港空港経由

マカオの玄関としてマカオ空港を利用した直航便やチャーター便が増えつつありますが、香港国際空港をトランジットして空港からフェリーでマカオへ直接入国する渡航者もまだまだ多く、今後も減りそうにありません。 ここではそんな香港空港トランジットの方の移動方法をまとめました。  

SKYPIER

香港国際空港に隣接するフェリーターミナル『SkyPierⅡ』がマカオ入出国の通過ポイント。 ここを通過して直接マカオへ出入りする場合、香港は単なる経由地となるため香港への入国審査がありません。 出入国手続きが1回省略されるだけでなく、距離的にも香港空港は香港島よりもマカオに近いため時間的なロスを最小限にとどめる事が出来ます。 このSkyPierⅡは2009年12月に拡張工事が終わり、広くて機能的にも便利になりました。 現在では、マカオ、シンセン、中山、珠海、広州と直接フェリーで繋がっています。  

搭乗手続き

マカオフェリーターミナルで飛行機の搭乗手続きができるのはJAL、ANA、キャセイ、ドラゴン航空、チャイナエアライン、エバー航空、香港エアラインズ、香港エクスプレス等(その他は香港国際空港HPで確認してください。) 条件は飛行機の搭乗までの時間が90分以上あるフェリーであること、フェリーに乗っている時間が約50分ですので、旅行会社では目安として2時間20分以上前にマカオを出発するフェリーに乗るよう設定しているようです。   その他の航空会社や、上記航空会社でもプリチェックインをしない場合は120分以上の余裕が必要で、SkyPierでの搭乗手続きとなります。 また、条件を満たしていても当日の混雑状況などによりプリチェックインを受けてくれないことがありますので、帰国便でプリチェックインしたい人は必ず旅行会社を通してチケットを手配し、出航前は余裕を持って早めにチェックインしましょう。 詳しくは JAL日本航空 http://www.jal.co.jp/inter/airport/asia/hkg/ferry.html ANA全日空 http://www.ana.co.jp/int/ground/access/skypier/index.html 無料配送する荷物は:エコノミークラス:一人一個20kgまで スーパークラス:一人一個30kgまでそれ以上は追加料金が発生します。  

利用手順 空港(Skypier)からマカオへ

1.空港到着後、E2 Transferエリア(5F)チェックインカウンターへ 2.カウンターでチケット購入します。ターボ・ジェット・シー・エクスプレス・カウンターにパスポートと航空券の半券をもって購入に行けばよほど混んでいなければ購入できるはずです。 預けた荷物が有る人はバゲージタグを提示してください。*心配な方は予約した方が無難。 3.5Fフェリー搭乗ゲートへゲートに新しく設置されたチケットリーダーにチケットをかざします。 4.フェリーボーディングゲートへ搭乗ゲートを通過し、APM(自動運転の地下鉄みたいなものです)へ 5.APMでSky PierⅡへ

【到着後は】

帰りのフェリーチケットを必ず購入しましょう。 マカオフェリーターミナルのロビー中央のエスカレーターで2階へ、左手奥に空港行きフェリーチケットカウンターがあります。購入には復路の航空券かeチケット、又はバウチャーコピーが必要です。 早朝、深夜はダブ屋がチケットを買い占めます。昼間でも満席になることもあります。必ず先に購入しましょう。  

帰国時の利用手順 マカオから空港へ

チケット購入時に指定された時刻までにチェックインをします。(キャセイ、JALなど一部の航空会社はここで搭乗手続き) 2.ターミナルの案内に従いセキュリティーチェックを抜け乗船、SkyPierⅡへ 3.SkyPierⅡ到着後、各航空会社のチェックインカウンターで搭乗手続きをします。この時税金の払い戻しレシートをもらいます。 4.セキュリティー通過後、右奥(エスカレーター手前)にある香港出国税払い戻しデスクへ。TAX(出境税)の返金を受けとりましょう。 5.左手にあるAPM乗り場行き下りエスカレーターへ 6.APMで空港に移動します。 7.空港到着後はエスカレーターかエレベーターで出発ロビーにあがれます。 飛行機の時間にあわせて各エアライン搭乗口へ移動してください。香港国際空港は非常に広いので早めに動きましょう。   【運行時間は頻繁に変更されます。必ずターボジェット社のHPで確認してください。】