•  
  •  

バカラのルール

【バカラ (百家楽 ミニバカラ)】



マカオのカジノといえばなんと言ってもバカラ、ほとんどのカジノでフロアーの中心に並んでいます。

(マカオではフルピットの本格的なバカラはあまりなく、ほとんどがミニバカラです)


基本ルール


「プレイヤー」と「バンカー」のどちらがより9に近い数字になるのかを当てるゲームで、最も簡単なテーブルゲームです。

ハウスウェッジが最も低く勝てる見込みが高いのも、人気の理由で、初心者でも十分楽しめることでしょう。


ゲームはテーブルに着いている人数に関係なくプレイヤーとバンカーの2つのハンドで勝負します

チップをベットするタイミングは観ていればすぐに分りますが、カードが開かれる直前にディーラーが手を広げて横に動かす合図をしたらその後にベットするのはマナー違反。

ベットするのは「プレイヤー」「バンカー」「タイ(引き分け)」のどこでもかまいませんが、「バンカー」にベットして勝った場合5%のコミッションをその都度取られます。また勝率はプレイヤー49.3% バンカー50.7%です。

タイは8倍の配当を得られますが、確率は9.5回に1回です。

タイの時はプレイヤー、バンカーのどちらにかけたチップも戻ってきます。


テーブルで、最高額をベットした人にはカードを開く権利が与えられます。

させてくれない台もありますが、楽しさがぜんぜん違います。是非体験してみてください。



け金




金額はテーブルごとに最低額と最高額が出ていますのでその中でベットしてください。

安い台で200HK$位からありますので初心者のうちは安い台で慣れるのも良いでしょう。



バカラの



ゲームの簡単さ、勝率の高さはもちろんですが、バカラの魅力は一体感だと言う人も多く、同じテーブルの勝っているプレーヤーと同じ方に掛けて盛り上がっている姿を良く見かけます。

テーブル内で初めて出会った人たちが一体感を持つのもバカラの魅力の一つでしょう。

その為、いきなりゲームに入ってきて、みんなと反対に掛けたりするとイヤな顔をされることがありますので注意が必要です。

安い台ではあまり気にすることはありませんが、ハイリミットエリアやVIPでは十分注意しましょう。






*「三公百家楽」とかかれている台はルールが違うので注意してください。