•  
  •  

マカオ内の移動方法、乗り物

マカオ内の移動方法

マカオは狭いので、徒歩で見所をまわることも可能ですが、それでも端から端まで歩くというわけにはいきません。バスやタクシー、マカオならではの乗り物を使って、楽しく、楽にマカオ内を行き来しましょう。  

基本は徒歩

世界遺産や街中の移動は徒歩が基本です。多くの観光地が歴史街区に密集していますのでタクシーに乗る必要もありません。 世界遺産のある歴史市街地は石畳や階段、坂道が多いですから歩くのに適した靴を履いていきましょう。  

發財車とは?

マカオならではの乗り物の一つが「發財車」と呼ばれるカジノの送迎バスです。 ネーミングが良いでしょ?国境や空港、フェリーターミナルとカジノの結ぶ便利で快適な乗り物はどれも無料で乗車できます。 途中で降りることはできませんが、目的地がハッキリしている分だけマカオに来たばかりの観光客に向いていると思います。全てのカジノで走らせているわけではありませんがある程度の規模のカジノは大抵あります。これならタクシーに不安を感じる女性も安心ですね。 ただし、早朝や深夜は運行していません。 また、4つ星以上のホテルでは観光地とホテル、フェリーターミナルなどを周遊するシャトルバスを走らせている事も多く、主な観光地まではこれらを利用するのもいいでしょう。  

ぺティキャブ(サイクルリキシャ)

かつては生活の重要な足代わりでしたが、現在では観光用の乗り物です。 行き先の指定も出来ますが乗車賃が大変高く、安全性も低い為オススメできません。  

路線バス

マカオに慣れた人にとって路線バスほど便利なものはありません。本数も多く乗車賃も非常に安い事から市民の足としてしっかりと定着しています。(マカオには電車がありません) しかしながら、日本のバスのような親切なガイドなどなく揺れが激しいため、初めての旅行者にはオススメできないのが現状です。(時間に余裕のある方や、行き先の広東語がしっかり分かる方はぜひチャレンジしてみて下さい。 乗車方法はバスの前方から乗り、後方から降ります。乗車賃は乗って直ぐ払うのですがマカオ在住者は殆ど「マカオパス(澳門通)」という電子パスを使っています。パスを持っていない場合、乗車賃はおつりが出ないので小銭を持って乗車し、mop1以下は諦めてください。  

 マカオのバス運賃(2013.02現在)

マカオ半島内 mop3.2、タイパ内 mop2.8、コロアン内 mop2.8、 マカオ半島からタイパ mop4.2、マカオ半島からコロアンビレッジ mop5、マカオ半島からコロアン黒沙海灘 mop6.4 タイパからコロアンビレッジ mop3.2 タイパからコロアン黒沙海灘 mop3.6  

 マカオパス(澳門通)

通常の旅行者には縁の無いものかもしれませんが、沢山乗る人には割引もあり、小銭も必要ないので電子マネーが便利です。また、日本同様コンビニなどでも利用できます。 來來超級市場やフェリーターミナルなど複数の場所で販売しています。 購入金額は100mopからで、30mopのデポジットが必要ですので、初めの支払いは130mopです。 チャージは50mop以上、2年以上使用しないとカードは使えなくなるので注意して下さい。 http://www.macaupass.com.mo  

タクシー

マカオのタクシーはとても運賃が安く便利な乗り物です。ボディーカラーは黒と黄色の二種類で、日本同様、流している空車に乗ることも、電話で呼ぶこともできます。 電話番号は(853) 2851 9519、2893 9939、8500 0000、2828 3283 基本的にメーターが有効に使われていますが、料金にはいくつか注意が必要な事があります。  

マカオのタクシー運賃

距離による加算の他にどこに行くかによって加算される上乗せと、荷物をトランクに入れる上乗せがあります。 また、台風などの特殊な場合は乗車前の交渉が必要。 【基本料金】初乗り1.6kmは15パタカ、230mごとに1.5パタカ 【加算料金】 マカオ半島からコロアネ mop5、空港から乗車 mop5、タイパからコロアネ mop2 、トランクの荷物(1個につき) mop3(2013.2現在)  

安全面

大きな犯罪に発展するようなトラブルは殆ど聴くことはなく、安全面の心配はさほどありません。 ただ、観光客をターゲットにした不正請求や小さなトラブルが増えているのが残念なところです。 詳細はタクシーのトラブル参照